最高の結婚式にする・最高の花嫁になるために私が受けたエステ

太目の体型に自信がない私は、ウェディングドレス姿にも自信が持てなかったので、結婚式までブライダルエステに通うことにしました。
もちろん痩身の施術が中心となったコースにして、エステサロンで日常生活や食事のアドバイスも受けて、ダイエットを頑張ることにしました。
結果から言えば体重は、そこまで大きくは減りませんでしたが、体のむくみが明らかに取れ、気になっていた部分がすっきりとしたのが自分でもはっきりと分かりました。
ウェディングドレスに乗っかっていた背中の肉が明らかに目立たなくなり、きつく着ることが難しかったカラードレスも難なく着られるようになりました。
体重は想像よりも減りませんでしたが、少なくとも人生で最も輝いた瞬間を結婚式で迎えられたと思います。

【ブライダルエステがどのようなものなのかについて】
結婚が決まってから結婚式に向けて新郎新婦はやることが山積みです。
今は結婚情報誌などに「することリスト」などのしなければいけない準備をするための表が作られていることが多いですが、その中に「ブライダルエステ」の項目が入れられるほど、多くの花嫁がブライダルエステを受けています。
その名を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にどのようなことをするのか、普通のエステとは違うものなのかといった詳細はご存知でしょうか。

まず、ブライダルエステというのは多くの場合は、一般の人も利用するエステで行われます。
(ブライダルエステの専門店などもありますが、一般のエステも行っているサロンの方が多いです。)
エステにある商品(コース)の一つが、ブライダル向けに設定されている場合がほとんどで、結婚式場を備えたホテル内のエステで行われることもあれば、結婚式場と提携した外部のエステで行われる場合があり、それらの場合はブライダルプランの特典として一般よりも割安な価格で受けられるようになっていることが多いです。
一方、提携サロンなどは利用せず、一般のエステに設定されているブライダルコースを自分で申し込んで受ける人も多いです。

ブライダルのコースといっても、そのエステ店によって内容は多少異なります。
エステごとに独自のサービスを持っているので、提携店で行えば安くできる場合にも、ブライダルという特別な時なので希望のエステ店で受けたいという人も多いのが特徴です。

しかし、ブライダルの基本的なコースの流れはある程度共通しています。
最も多いのが、デコルテまでを含んだフェイシャルケアと肩~背中のケア、それに顔と背中などの産毛のシェービングというセットです。
ウェディングドレスやカラードレスは普段の服装とは全く異なるデザインで、普段はあまり出すことのない肩や背中を露出するデザインが多いものです。
日ごろから全身脱毛などのケアをしている人以外は、背中についてはノータッチという人が多いのですが、背中は実はムダ毛が目立ち、ニキビなどの肌荒れもできやすい部位です。
(また、全身脱毛をしていたとしても、背中に生えるような産毛は、脱毛の効果が最も出にくい部分の一つですので、よほど長い期間かけなければ、背中の産毛が全く生えない状態になる、という事はなかなかないでしょう。)
エステというと顔~デコルテが基本というイメージがあると思いますが、ブライダルエステのコースはそれに加えて背中のケアが入っていることがほとんどです。
また、顔の産毛剃りについてもするとしないではメイクの乗りに大きな差がつきますので、特別な一日のために体を磨くブライダルコースには含まれています。

ただし、一般のエステサロンの場合には、ブライダルシェービングは含まれない事も多いです。
特に、本格シェービングについては、一般のエステサロンでは受けられない事がほとんどです。
なので、ブライダルエステを一般のサロンで受ける場合には、シェービングは別のシェービング専門のサロンで受けるという形にしている花嫁の方もいます。

一方で、ブライダルエステ専門のサロンだと、合わせてブライダルシェービングも扱っている事がほとんどで、中には、カミソリを使用した本格シェービングを行っているサロンもあります。
※参考サイト:ブライダルエステ横浜Cute|横浜市のお試し人気ランキング

ですので、忙しくて、複数のサロンの行くのが難しいという方は、ブライダルエステ専門店で受けるというのも良い選択でしょう。
(ただ、ブライダルシェービングを受けるのは1回だけ、多くても2回なので、シェービングを受けに行くのがそこまで負担になるかというと、そうではないと思いますので、よほど忙しい方でもなければ、別のサロンであっても、そんなに問題にはならないとは思います。)

では、ブライダルエステにはどのぐらい通うのかというと、コース選びには個人差がありますが、時間のない人は1日で上記のセットを行うというのが最も短いパターンです。
その他では、週1ずつ4~12回ほど通う、1~3ヶ月間というのが最も多く、ニキビケアや痩身など念入りなケアを行いたい場合は半年以上通う人も中にはいます。
結婚式当日に向けてどこまでエステを受けたいかというのは個人差が大きいため、結婚式の日から逆算して申し込みをしなければなりません。
また、短い回数を受けようと思っているので申し込みはギリギリで良いと思う人もいるかもしれませんが、ブライダルの場合は最終回は結婚式の3日~1週間前に終わっていることが好ましいです。
というのは、シェービングなどで肌が荒れてしまう可能性がゼロではありません。
大切な結婚式に肌荒れがかぶってしまうと大変なことになるので、少し前に終わらせておくことが必要となります。
結婚式の前日やその前の日には施術を行わない方針のエステがほとんどですので早めに動くことが大切です。

また、エステによってはコースのサービスとしてまつ毛のエクステやネイルも入っているところもあります。
ブライダルエステが一般化したのに伴い、多種多様なサービスがエステコースに組み込まれるようになったので、広い視野でエステ探しをすると希望のコースがきっと見つかると思います。

【前撮りとブライダルエステ】
結婚式の写真はいつまでも残るものです。
一番綺麗な自分を残したいなら、ブライダルエステを受けましょう。
肌をツルツルにして、前撮りをすることが出来ます。
先に撮っておいて、後で結婚式の写真を用意してもらえるのです。
背中や二の腕など、自分では手入れが難しい部分も、プロに任せればツルツルになります。
ブライダルエステを受けた人は、受けない人よりも綺麗に見えるのです。
特に顔のアップは、綺麗な肌の方がより良く見えます。

【ブライダルネイルの話も少ししておく】
ブライダルネイルをする期日のは種類によって違ってきます。
(ブライダルネイルは、ウェディングネイルと呼んだりもしますね。)
マニキュアは直ぐにはげたりするので直前がおすすめで、ベースコートとトップコートを塗って艶のある仕上がりにします。
ジェルネイルは1週間すると、すぐに自分の爪の根元が伸びて見た目が悪くなるので、挙式の2日から3日前に行います
ネイルチップは前日の夜または、当日に付けるのがベストで、通販でネイルチップをオーダーするときは届くまで時間がかかるので早めに注文した方が良いです。
ただ、大切な結婚式ですから、失敗は避けたいという方がほとんどですから、プロに任せてしまうのが安心だと思います。
なので、失敗のリスクは覚悟の上、とか、よほど失敗しない自信があるとか、そういう場合を除けば、通販とかで買って自分で、なんて事は考えずに、ネイルサロンに任せるのがお勧めですね。
ブライダルネイルをいつするかについても、期間に余裕がある時期に、事前にネイルサロンに相談に行っておいて、いつするのが良いのかについて聞いておくのが確実でしょう。
とはいえ、お金や考え方など、人それぞれでしょうから、自分で考えて、自分が最善だと思う方法にするのがいいでしょうね。